コキアで!ほうきの作り方

コキアで!ほうきの作り方DIY

コキアでほうきの作り方を紹介します。

ほうき作ってみたいけどやり方が分からない…

そんなあなたにピッタリの記事です。

魔女の宅急便のキキみたいに、

ほうきにまたがって飛びたくなること間違いなし!

自分で作ると愛着がわきますよー!

順番に説明しますね。

スポンサーリンク

コキアって何?

 

コキアとはほうき草のことです。

 

ほうき草

 

こえださんによる写真ACからの写真

アカザ科の1年草。正式名称はコキア。かつては枯れた茎を束ねてとして利用していたことから、「ほうき草」「ホウキギ」の和名がある。

原産は南ヨーロッパやアジアだが、広く温帯地域に帰化しており、栽植もされている。高さ1メートルほどに成長し、全体が球形となる。茎と葉は秋に紅葉する。

実った果実は秋田の特産品「とんぶり」に加工されて食用とされる他、薬用にも利用される。

コトバンクから引用

 

ほうきを作るためのほうき草!

実も食べられて薬用にもなるって素晴らしい!

 

 

コキアでほうきの作り方

材料

  • 乾燥コキア・・・ついてる種はとっておきましょ。
  • 針金・・・家にあるもので!
  • 丸棒・・・私は生えていた南天を鋸でギコギコ切って使いました。
  • 布と毛糸・・・なければいらない服等を裂いても味がありますね。

  • ペンチ・・・ゴツい方がしっかり締められます。

  • 穴あけ用の錐(キリ)・・・坪錐を使うと均等にキレイな穴が開けられます)
  • (電動ドリルもちろん可)

作り方

 

では作っていきますよ!

一件形がキレイに見えがちな乾燥コキアですが、枝のクセが強いです。

あっちこっち跳ねまわってる暴れん坊将軍を大人しくさせましょう。

より分けて、形を整えます。

とびはねた枝は切って中心までもってくると再利用できますよ!

全体的な出来をイメージしながら調整します。

 

コキアの選別

 

 

 

丸棒の周りにコキアをバランスよく包むように重ねます。

丸棒が見えなくなるくらい重ねましょ!

 

 

 

 

この時丸棒に20~25cmコキアを重ねるとしっかり固定できるのでグッド!

ここが短いと掃いたときにコキアがスッポ抜けます(笑)

あらかじめ針金を巻く箇所の真ん中に穴を開けてから、

針金を通すと外れにくくなりますよ。

片手でコキアと丸棒をしっかり握らないとバラバラになるので注意してください。

 

コキアと丸棒を重ねる

 

 

 

2か所を針金で2周グルっと固定。

始めと終わりをペンチでねじります。

 

ペンチでねじった先を引っ張りギチギチにしめます!

限界までしめましょう!!

できる!できる!君ならできる!!by松岡修造

 

針金の上に布を巻き、さらに好きな毛糸でグルグル巻きます。

 

ほうきに布と毛糸を巻いたところ

 

 

 

柄の先に穴を開け、ひもを通して完成!

私は8mmの穴あけドリルビットで開けました。

これでフックにかけられますね!

 

柄にひもを通す

 

 

 

コキアでほうきの作り方:まとめ

 

ほうきとして掃除に使うのはもちろん、

ハロウィンのコスプレ用にも使えますね!

 

コキアなんてないよ・・・というあなた!

ススキで試してみてください♫

ほうきの柄がないバージョンのミニほうきはもっと簡単です。

まとめて、結んで、完成!

あっという間です(笑)

ぜひ作ってみてください♫

コメント