ハンモックチェアの室内吊り下げ金具はコレ!

室内吊り下げ金具DIY

 

DIY初心者さん
DIY初心者さん

ハンモックチェアを室内で吊り下げたいけど、金具の選び方が分からない!

よーるく
よーるく

そんなあなたに朗報です!

実際に取り付た私がご紹介しますね。

 

 

今日はこんな疑問に答えていきます。

 ☑ 本記事の内容

  • ハンモックチェアのオススメ吊り下げ金具はコレだ!
  • ハンモックチェアに使用するビスは?

 

ハンモックチェアの作り方が書いてある記事はコチラ

ハンモックチェアの作り方【徹底解説】
ハンモックチェアの作り方を徹底解説します!大人から子供まで楽しめるサイズですよ。ゆらゆらゆられながら、布にスッポリ包まれてみてください。至福のひとときがあなたを待っています。
スポンサーリンク

ハンモックチェアの室内吊り下げ金具はコレ!

 

ハンモックチェアの取り付け金具

 

今回はアイプレートと、タッピングビスにしました。

 

アイプレート

 

ビス4本でガッチリとめるタイプの金具。

U字とプレートはくっついていて、外すことはできません。

↓コチラの商品はU部分の厚みが12mmあるので、かなり頑丈ですよ。

 

 

【選んだ理由】

  • 取り付け場所の高さが116.5cmと低いので、コンパクトで頑丈な金具にしたかった
  • 料金がお手頃価格

 

 

よーるく
よーるく

私が購入したアイプレートは8mm、

耐荷重は70kgと記載されています。

DIY初心者さん
DIY初心者さん

成人男性には厳しい数値だね。

 

よーるく
よーるく

これしかなかった(笑)

誰が使用するかを考えてから購入しましょー!

 

 

 取り付け場所に天井は避けてください!

真下に負荷がかかるので、どんなビスでも外れるリスクが跳ねあがります。

 

 

ビスの種類

 

今回はタッピングビスを使用。

 

【選んだ理由とデメリット】

  • 選んだ理由:内側にみずからネジをくいこませられるので、緩みにくい特性があるから頑丈
  • デメリット:取り外しの多い場所には向かない、ネジ頭がナメやすい

 

 

12mmのアイプレートなら、穴の径も大きいのでビスの太さは5mmがおススメです。

長さは取り付ける木材の厚みに応じて選んでください。

 

※木材が割れてしまうので、下穴は必ず開けてくださいね!

 

アイプレートを当てながら印をつけた後、下穴を開けますよ。

 

ハンモックチェアの金具取付け前に下穴を開ける

 

 

スイベルフックあったら便利!

 

吊るす高さに余裕のある方は、アイプレートにスイベルフックを付ければ完璧!

 

【スイベルフックの特徴】

  • 耐荷重は350kg
  • 360度回転が可能
  • 取り外しが容易にできる

 

フック側を、アイプレートに付けてくださいね~

 

取り付け完了です!

今回は設置場所の高さが足らないので、スイベルフックは断念しました。

リビングに自作したハンモックをDIYで取り付けたら

 

取り付けられる場所がなかったら、自立式のスタンドを使えば解決ですね。

 

 

ハンモックチェアの室内吊り下げ金具はコレ!:まとめ

 

設置場所に応じて、臨機応変に金具を選んでみて下さい。

ハンモックチェアなら、アイプレート+スイベルフックでバッチリです!

 

室内に取り入れて、充実した生活を過ごしましょう!

コメント